こちらでは私「いとー」の自己紹介をさせて頂きます。

 

少し長くはなりますがご覧頂けると幸いです。

 

現在の自己紹介

長崎県在住

独身の30歳

2年前に婚約相手にフラれてからは稼ぐ事に全力を注ごうと決意しました。

 

好きな食べ物

・から揚げ(若鶏)

・肉

・吉野家(カレーは許さない)

 

から揚げあれば幸せです。

でも最近職場のから揚げ定食が少し重いと感じてきました。

 

 

お酒はめちゃくちゃ飲みます。

職場でもバカみたいに飲みます。

30歳になっても店員さんから注意されるほどめちゃくちゃな飲み方をします。

後輩を羽交い締めして強制的に飲ませます←今思うとめっちゃパワハラ(笑)

 

 

しかし最近は

せどりと情報発信と放射線技師という3つの仕事をしているので

職場の方とはプライベートで会う事はほとんどなくなりました。

 

 

そのため、最近は職場の方から

「あいつなんか怪しい仕事でもやってんじゃないの?」

とか噂されています。

 

と現状はこんな感じです。

 

 

小中高編

 

小中高と野球部でした。

でも当時は、別にそこまで野球が好きではなかったです(笑)

 

親が勧めていつの間にか野球を始めていた感じですね。

それから高校の途中まで野球部に所属していました。

 

そんな中、高校の時にテレビで見た

スーパー少年チャンプルーというダンス番組にハマってしまい

 

「これを今やらなくていつやるんだ!」

 

という勢いで野球部を辞めてダンスを始める事を決意しました。

ちなみにジャンルはブレイクダンスです。

 

 

当時はLINEとかそういうのは全くなく、ネットで長崎のブレイクダンスと調べて

今はもうどこの情報かわかりませんが、

とりあえずネットの掲示板で長崎のダンサーと知り合うことができました。

 

そこからほかのダンサーさんを紹介して頂き

長崎のブレイクダンスの方々と練習する機会を得る事ができました。

 

この時は17歳とかだったんですけど

今考えると結構危ない行動をしてますよね(笑)

 

この行動力のおかげで

大学生のダンサーのところに

当時、高校生だった私一人だけでダンスの練習をしにいきました。

 

 

没頭できる趣味を見つけたとき、、

 

 

10代の中で一番の挫折を味わいました。

 

 

それは、、、

 

 

大学受験失敗

 

 

私が通っている高校は一応進学校でした。

もともと親が放射線技師をやっていたという事もあり

なんとなく放射線技師の大学へ行こうとしていました。

 

第一志望の国立大学を受験し、その時のセンターの点数での判定はB判定です。

その後2次試験を受け、その試験も8割以上は取れているという自信がありました。

 

心の中では

「絶対受かっているだろ!!」

と思っていたのですが、、、

 

 

 

届いたものは

 

「不合格通知」でした。

 

 

この時始めて「挫折」を味わいました。

 

 

ダンスに没頭していたからと言って高校3年生になってからは

ダンスも控え、約1年かけてめちゃくちゃ勉強しましたからね。

 

何が正解か分からない現代文(←現代文に正解なんてないと思っている)

赤点ばっかりだった物理(高校2年生の時はほぼ赤点でした)

有機化合物ってなんや(化学の点数はいつもよかった)

世界史の先生はゲスの極み乙女の川谷絵音のお父さんです

(本当です。授業はめちゃくちゃ怖いです)

数学の先生が生徒と付き合ってたり。

 

↑これほど勉強することは2度とないでしょう。

 

 

 

国立に受からなかったので親には

「浪人したい!」

と言いいました。

 

しかし親は

「滑り止めの大学に行け」

と言いいました。

 

そこでどうしてか分かりませんが、涙がこぼれました。

たぶん、どうしての国立に行きたかったんでしょうね。

 

 

自分が末っ子で、姉が2人おり2人とも大学に行っています。

私は資金面のことを考えて国立に行く考えしかなかったんですね。

 

しかし、国立に行けず、ましてや私立の大学に行くとなると

さらにお金がかかります。

 

このような事を考えると、親に申し訳ない気持ちでいっぱいだったと思うんです。

 

そういうこともあって泣いてしまったんでしょうね。

 

 

この時は、もうこれ以上泣くことはない!

と思いました。

 

 

そして、不合格だったことを学校に伝えに行かないといけないので、通っていた学校に向かいます。

学校に着いた時、担任の先生がいなかったので

学年の担当の先生に「不合格の話」を伝えにいきました。

 

 

ここで、、、

 

 

まさかの号泣(笑)

 

 

先生に不合格を伝えようとすると

「不、不、、、ふごっ、、、」

もうね。言葉が出ないんですよね!

この時点でもう意味わからんくらい泣いてました(笑)

 

しかも職員室。他の先生も一斉に注目します(笑)

 

この時に、

高校生ということもあって全く感情をコントロールできませんでした。

 

これ以上泣いた事はこの前にも後にもありません。

 

大学編

 

大学はダンスとスロットに没頭しました。

放射線技師の勉強は4年の夏からしかしてません。

 

それまでは常にダンススロットです。

 

ダンスは、授業とバイト以外の時間があったら常に練習していました。

1日8時間練習とか嬉しすぎてずっと踊っていました。

まあ練習の最後の方とか体動かないんですけどね(笑)

 

大学は広島だったんですけど

県外のダンスバトルに出るためにバイト代貯めて大阪に行ったりしました。

 

で、大阪でバトルでボコボコにやられて帰ってくるという(笑)

 

そしてさらに練習する。

これの繰り返しです。

 

 

ちなみにダンスやってると書いても信じてもらえそうにないので

自分が映っているダンス動画を1つシェアさせて頂きます。

 

1分40秒くらいで出てきます。このサムネの人が私です。

ルーティンで間違い過ぎて相方の頭蹴ってますw

↓↓↓↓

 

 

 

 

こんな感じでダンスやっていました。

 

あとは授業中にスロットの勉強です。

先生が授業している間に、スロットの機種の勉強や

次のパチ屋のイベント時には

「どこに設定がはいるのか?」などの予想していました。

 

毎日、パチンコ店に出向きデータを取ることも当たり前です。

 

そして、朝の6時くらいから並ぶ。

(↑もう馬鹿かと)

 

今考えるとめちゃくちゃ効率悪いですね(笑)

でも楽しかった覚えしかないです。

 

 

唯一楽しくなかったのは、

初代ブラッドプラスで1700まではまって7万なくなった時ですね。

 

 

あの時は、この世の終わりだと感じました。

(大学生の7万円は社会人の給与2か月分に相当します)

 

 

 

本当に大学の時は、ダンスとスロットしかしてなかったので

4年になるまではテストは全てカンニングで切り抜けました。

 

 

でも4年になると国家試験があるので

さすがにカンニングできなくなってきます。

 

 

4年になって最初の学内のテストで下から3番目という順位を叩き出しました。

 

この時、下から5人ほどが先生から呼び出され

「お前らは国家試験は絶対受からない」と断言されました。

 

 

「そんなことがあるわけがねぇ!国家試験とか余裕だろ!」

と思っていたので

 

この時から、ダンスを封印して、スロットも設定狙いから天井狙いのみに切り替えて

国家試験の勉強に取り組みました。

 

 

その結果

3か月後の7月の学内テストでは上から7番目になりました。(通称:七武海と言われていました。)

 

 

なんだかんだ国家試験と言っても

受大学受験レベルではないのでそんなに難しくないですからね。

 

 

そして学内で7番になってから

また勉強しなくなりました(笑)

 

4年生では実習などもあり

そんなにダンスができなくなり、ちょっとスロットに行くくらいでしたね。

 

 

そんな感じ無事に国家試験合格です!

 

 

晴れて放射線技師になりました。

(就活もして何とか長崎の病院に就職)

 

 

社会人編(20代)~現在

 

さて、ついに学生のころ絶対なりたくないと思っていた社会人になってしまいました。

 

社会人になって不安ばかりでしたが

地元の長崎で働いていたので

高校の友人がいたりで寂しくはありませんでした。

 

職場に慣れはじめると

学生のころと違って給料は毎月もらえるのでそこは嬉しかったですね。

 

今まで買えなかったちょっと高い服を買ったり

友人と県外に旅行に行ったり

学生のころには出来なかった事ができるようになりました。

 

 

それなりに楽しい社会人生活を送っていき

27歳の時に付き合っていた彼女と将来の話などもしており

私が新しい賃貸を契約しました。

 

 

その直後にフラれました。

 

 

 

それからは、今まで給料に満足していなかったこともあって

自分の力で稼げることを探しました。

その時に出会ったのが「せどり」です。

 

 

私は何か始めると一気に100点を取る事は出来ませんが

60点くらいならすぐに取れる自信はあります。

 

せどりも最初は全然稼げなかったですけど

2017年の4月に初めてAmazonのアカウントを作成して

その半年後の10月には利益44万円を達成する事ができました。

 

 

でもその時に気付いたのが

手元にお金が残らない事でした。

 

 

そのように感じていたころ

たまたま行ったセミナーが「情報発信」のセミナーで

「これなら手元にお金を残せる事ができる!」

と確信し、ソッコーで情報発信スクール入塾しました。

 

 

そこからは一旦せどりの月収は落ち込みましたが

情報発信を始めて、これも半年後に月収200万円を達成しました。

(情報発信スクール入塾が2017年11月、2018年5月に情報発信収益200万達成)

 

そして今は

・放射線技師

・せどり

・情報発信

とこの3本柱で収益を生み出しています。

 

本業の放射線技師はレバレッジが効かないので退職するか迷っています。

ただ常に、救急患者を見ていると「明日は我が身」という気になって

なかなか仕事を辞める事ができません。

 

 

本業は病気になっても給料が出ますからね。

専業では考えられません。

 

本当は放射線技師を辞めて

【自分の力で稼ぐ】という

自分だけの力だけで生きていきたいのが本音です。

 

まだまだ道半ばではあり

これからもっと高みを目指していきます。

 

こんな私ですが

今後ともよろしくお願いいたします^^

 

 

Follow me!