■はじめに■

 

Amazon には購入アカウントと出品アカウントがあり、
Amazon で販売するためには出品アカウントが必要です。登録
はどちらが先でも構いませんが、出品アカウントを作ろうと思
うと、結果的に購入アカウントも作る流れになります。

 

意外と入力する項目が多く、あまり知識が無い状態だと苦戦す
ることもあると思いますので、今回は出品アカウント登録まで
の流れを順を追って説明していきたいと思います。

 

出品アカウント登録にあたって必要なものは?

 

出品アカウントを登録する時に必要なものは、大きく 5 つあり
ます。

 

① インターネット環境

 

まずは、当たり前ですがインターネットの環境です。

 

インターネットの環境が無い人が、Amazon の出品アカウント
を登録しようとは思わないかもしれません。

 

ただ、出品アカウントを作成して、Amazon で商品の販売を行
っていくなら、パソコンでネットに繋げる環境を持っておきま
しょう。スマホでは苦しい戦いになることは間違いないです。
パソコンの形状や、Windows か Mac かなどは特に問いませ
ん。お好きなものを用意してください。

 

② 電話番号

次に、きちんと応答ができる電話番号です。アカウント取得の
手続きの中に、電話での認証を求められるという工程がありま
すので必要になってきます。

 

電話については固定電話でも携帯電話でも問題ありません。

 

③メールアドレス

Amazon へのサインインはメールアドレスとパスワードで行い
ます。なのでそもそもこれは必要なんですが、商品を出品した
後などに Amazon からメールを受け取る場合にも、この時登
録したメールアドレス宛てにメールは送られます。メールアド
レスは後で変更することもできますので、とりあえず 1 つ作っ
ておきましょう。

 

④クレジットカード

大口出品の月間登録料である 4,900 円の支払いは、クレジット
カードで行うことになります。Amazon では月間登録料と手数
料は、14 日周期の決済機関の売上と相殺されますので、売上
からもろもろの手数料を引かれた後の入金額が 4,900 円を下回
ると、差額がクレジットカードに請求されます。

 

逆を言えば、4,900 円を上回る売上をあげつづければ、請求さ
れることはありません。

 

小口出品は月間登録料が無料です。

 

⑤銀行口座

売上は銀行振込になりますので、受け取るための口座が必要で
す。銀行口座には特に制約は無く、ネットバンキングなどでも
問題はありません。

 

出品アカウント登録

◎アカウント登録はどこから行えば良いのか?
5 つ全て揃ったら、まずは Amazon にアクセスします。

 

これは、Google や Yahoo!などの検索エンジンで「Amazon」
「アマゾン」などで検索すればすぐに出てきますので、トップ
ページに進みましょう。「amazon.co.jp」ですね。

 

するとトップページの上と下に「Amazon で売る」という項目
があります。上と下どちらでも構いませんのでクリックしてく
ださい。

 

トップページ上

 

 

 

 

 

 

トップページ下

 

大口出品か小口出品かを選ぶ

 

大口出品と小口出品の違いで大きなポイントは、「新規出品が
できるか否か」「月額登録料がかかるか否か」ではないかと。
大口は新規出品ができますが、小口はできず、相乗り出品のみ
です。

 

そして、大口は月額登録料が 4,900 円かかりますが、小口は無料です。

 

以前は次の画面で大口出品か小口出品かを選んでいたんです
が、今は下のような画面に進みます。

 

ちょっと書いてある小口出品を選ぶと、既に書いた通り新規出
品ができませんので、相乗りで出品するような段階になったら
登録の画面に進む旨の説明書きがあり、いつでも登録できる状
況ではなくなりました。

 

小口出品で登録する場合には、先に相乗りで出品できる商品を
用意して、下記の「マーケットプレイスに出品する」というボ
タンをクリックして進んでいきます。

 

入力する項目は大口でも小口でもほとんど変わりませんが、少
し表示のされ方や進み方が違いますので、その都度画像で比較
していきます。

 

購入アカウントでサインインする/新規に購入アカウン
トを作成する

 

まずは Amazon のログイン画面に進みます。

 

既に購入アカウントを持っている場合は、登録したメールアド
レスとパスワードを入力して「サインイン」してください。
持っていない場合は、青四角の「初めて使用します」を選択
し、「サインイン」をクリック。

 

 

次の画面で「名前」「メールアドレス」「パスワード」を設定
します。名前は本名でなくても構いません。必要な情報を入力
したら、「アカウントの作成」をクリックすれば、購入アカウ
ントの作成完了です。

 

 

購入アカウントの情報を入力する
ここからは購入アカウントの情報を入力していきます。
大口と小口はまず、最初の画面が少し違います。

 

大口出品の場合

 

小口出品の場合

ご覧頂ければ、入力する内容が同じであることはわかってもら
えると思います。

「正式名称/販売業者名」には、個人の場合であれば本名、法
人の場合は会社名を入力しましょう。購入アカウントは本名で
なくても OK でしたが、ここではちゃんと本名を入力してくだ
さい。そして契約の条項を読んで頂き、チェックボックスにチ
ェックを入れて「次に進む」をクリック。

 

出品者の情報を入力する
ここでも大口と小口は少し違います。

大口出品の場合

まず大口は、出品者の住所や運営責任者、問い合わせの住所を
先に入力します。

 

そしてその後に、クレジットカードの情報を入力する画面に進
みます。

 

小口出品の場合

対して小口は、先にクレジットカードの情報と出品者の住所を
入力します。

そして次に店舗名や、運営責任者を入力します。

ただ、入力する項目が変わらないことは、見比べてもらうとわ
かります。

では次に、項目を入力する時の注意点を書いていきます。

 

表示名(店舗名)

「(店舗名)」とある通り、Amazon のサイト上での店舗名が
表示名です。これは一度登録した後でも変えることができま
す。

基本的に好きな名前をつけることができますが、下記のような
制限があります。

※http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.ht
ml/ref=hp_rel_topic?ie=UTF8&nodeId=200350960 より
引用

 

国、住所、電話番号
国については日本(海外に住んでいるのであればその国)を選
び、住所は番地やビル名なども漏れなく入力してください。例
えば私書箱など、活動していない住所は NG です。

あとは、
・住所が日本国内の場合は必ず日本語で表記する
・クレジットカードの請求先の住所・電話番号と同じもの
という 2 点を守る必要があります。

運営責任者
自分であれば自分、他に販売の責任者がいるのであれば、その
責任者の氏名を入力してください。

 

お問い合わせ先電話番号

購入者からのお問い合わせはもちろんですが、Amazon からの
電話を受け付けることもある電話番号です。

クレジットカード情報

有効なクレジットカード情報を入力してください。

先ほども書いた通り、手数料や月間登録料の支払いの時に使い
ますので、いきなり請求が発生することはないですし、相殺し
て売上が上回り続ければ、請求が発生することはありません。
そしてカード情報は登録した後でも変えることができます。

 

特定商取引法で定める販売者(小口のみ)

小口の場合は、特定商取引法で定める販売者かどうかを選択す
る箇所があります。こちらは、Amazon で稼ごうと思ってい
る、継続的に販売するということであれば「はい」を選んでく
ださい。

よくわからないという場合も、基本的に「はい」を選びましょ
う。

 

電話による本人確認を実施する

次は、電話による本人確認です。これは大口も小口も同じで
す。

先ほど「お問い合わせ先電話番号」で入力した電話番号が既に
入力されているはずです。「電話を受ける」をクリックすると
すぐに電話はかかってきますので、電話は近くに置いておきま
しょう。ちなみに番号通知の設定などをしていても、「通知不
可能」という着信の画面です。

 

クリックした後には画面に 4 桁の認証コードが表示されます。

自動音声でのガイダンスを聞いた後にその認証コードを電話機
側で声で伝えるか、ダイヤルをして、問題無ければ認証ができ
た旨のガイダンスが流れ、パソコンの画面も次のように切り替
わります。

続行をクリックして、次の画面で「出品開始」をクリックすれ
ば、出品アカウント登録の完了です。

 

セラーセントラル画面の違い

Amazon セラーセントラルという、出品アカウントの管理画面
から、出品者の情報を編集したり、新規出品などができます。
そして大口出品と小口出品だと、画面の構成が若干異なりま
す。

 

大口出品の場合

 

小口出品の場合

銀行口座情報の登録の仕方
ここまでの工程では銀行口座の情報を登録していませんので、
出品はできても売上を受け取ることができません。
出品アカウント登録の工程では出てきませんが、自分で登録を
する必要があります。

 

新規に出品アカウントを作った時点でセラーセントラルにログ
インすると、赤枠のような文章があるはずなので、「入金方法
情報を確認」をクリックします。

すると口座情報を入力する画面になりますので、売上金を振り
込んで欲しい口座の情報を入力してください。

 

赤枠のような文章がない、または口座情報を途中で変更したい
場合にはセラーセントラル右上の「設定」→「出品用アカウン
ト情報」と進み、「銀行口座情報」をクリックします。

 

するとまだ口座情報が無い場合にはこのような画面になります
ので、「追加」をクリックすれば、先程の口座情報を入力する
画面に進みます。

 

口座情報が既にある場合には次の画像のように表示され、
「編集」をクリックすると、

 

このような画面になります。

口座情報を変更するためには「新しい口座情報を登録」を選択
すると、次の画像のように入力画面が出てきますので、新しい
口座情報を入力した後に、古い情報を削除しましょう。

 

以上で口座情報の登録は完了です。

会社情報を登録する

大口出品者には、Amazon が定めた「特定商取引法に基づく表
示」というものが義務付けられています。どんなものかという
と代表者の氏名や住所などのことですね。これは必須なので、
出品前には必ず登録しておきましょう。

 

表示の設定項目としては、
・出品用アカウント情報
・情報・ポリシー
の 2 項目ですが、「出品用アカウント情報」はここまでの工程
で登録しますので、あとは、「情報・ポリシー」が必要です。

 

入力はセラーセントラルで行いますのでログインして、「設
定」→「情報・ポリシー」をクリック。

次に「出品者情報」をクリック。

「デザインビュー」のタブに、「店舗運営責任者名」「会社
名」「会社住所」「電話番号」の情報を入力して、「保存」を
クリックすれば完了です。

情報に不備がある場合には、Amazon から指摘が入ります。

最初は注意なので良いんですがその指摘に気付かない、または
無視して入力しなかったり、間違った情報を放置していたりす
ると、最悪アカウント停止もあり得ますので十分に注意しまし
ょう。

 

 

セラーセントラルの使い方

Amazonでの出品方法は、“FBA”または“自己発送”の2種類です。

 

《FBA》

 

FBAとは、Fulfillment by Amazonの略です。

 

商品の保管から注文処理出荷配送返品に関するカスタマーサービスまでを提供してくれるサービスです。

 

Amazonで商品を販売するにあたり、全面サポートしてもらえるので、FBAでは出品したい商品をFBA倉庫に送り、納品が受理されると販売が開始されます。

 

あとは商品が売れたら、自動で発送されるので、出品数が多くても非常にスムーズに販売を行うことが出来ます。

 

※FBAを利用するには費用がかかります※

 

コチラをご確認下さい。
↓↓↓

 

《自己発送》

 

注文管理~配送まで全て自分で行う方法を自己発送と言います。
自分で行う作業が多くなってしまったりするデメリットがありますが、FBAに納品して受理されるまでの数日待つ必要もなく、早く販売したい商品はその場で出品できるのが自己発送のメリットです。

 

価格が高いうちに売りさばきたいという時などにオススメです。

 

このように、「FBA」と「自己発送」はメリットやデメリットが存在します。
また、Amazonで商品を販売していくにあたって、「セラーセントラル」で全ての管理を行うことになるので、セラーセントラルの主な使い方を紹介していきます。

 

《セラーセントラルとは?》

 

出品する商品の登録や管理はもちろん、売上やアクセスデータを分析できる他、販売促進や作業効率向上に役立つ各種情報にもアクセスできます。

 

 

セラーセントラルでは主に

 

●納品管理
●在庫管理
●注文管理

 

などを行うことができます。

 

販売を開始したら、注文の見落としなどないよう、セラーセントラルは必ず毎日販売状況を確認するようにしましょう。

 

納品管理…

 

仕入れた商品をAmazonに在庫として登録するには「納品」という作業を行う必要があります。

 

ページ上部「在庫」→「FBA納品手続き」から進むとFBAで納品した納品プランの閲覧や編集を行うことが出来ます。

 

在庫管理…

 

ここでは現在出品している在庫の内容を確認することができます。

 

 

在庫管理画面では、

 

・どの商品をいくらで販売しているか
・現在、在庫はいくつあるのか

 

などを確認する事ができます。

 

自己発送の場合は、在庫を自分で管理することになるので、在庫が0になっている商品は手動で補充しなければなりません。

 

その補充の作業も在庫管理画面から行うことができます。

 

また、フィルターをかけて「FBA在庫」「自己発送在庫」のみに絞って表示させたり、商品名やASINなどで検索をかけることも可能です。

 

注文管理…

 

Amazonで自己発送として販売している商品が購入されると、注文管理にデータが反映されます。

 

注文管理のページは「注文」→「注文管理」と進むとアクセスできます。

 

 

・注文日
・商品情報
・注文状況

 

などが表示されるので、内容を確認して出荷作業を開始しましょう。

 

この他にも商品の返品についての対応や問い合わせなどの対応も、全てセラーセントラルから行うことになるので、使い方をマスターしていきましょう。

 

 

セラーセントラルについてはAmazonの公式マニュアルに詳しく書いてありますので、公式マニュアルも必ず見るようにしましょう。

Follow me!